毎月の収入ではお金が足らない、クレジットカードの支払いの後生活費が回らないなどの理由から、カードローンのキャッシングを利用している方も少なくないと思います。月単位での収支を見ると、確かに収入よりも支出の方が多く、ボーナスを含めた年収ベースで何とかトントンという方は、意外に多く見られる現象です。

もしも家計が、「年収ベースで考えれば何とかキャッシングをせずに済むのに…」という状況であるならば、カードローンを利用するに於いて、確実に行って欲しいものがあります。随時で受付けてもらえる、「増額返済」や「一括返済」です。

キャッシングを利用しなければ毎月の生活費が回らない状況で、ボーナスが入るとつい「現金を手元に置いておきたい」と考えがちです。しかし、そのお金は気持ちを緩め「あればあるだけ使ってしまう」ことになってしまっていませんか。日頃お金に困っている方こそ、その傾向が強いのではないかと思います。

カードローンは、借入残高に応じて毎月一定の額を返済していきます。例えば、50万円までは毎月1万円、50万円~100万円までは毎月2万円返済するといった形です。この低額の返済に甘んじて、毎月キャッシングを繰り返しながらでは、借入残高はなかなか減ってはくれません。毎月の返済額に占める利息分の金額が大きい為です。利息は返済額に掛かるものではなく、借入残高に掛かるものですから、単純に金利年10%で借入している場合、残高が50万円だと4千円以上の利息が毎月掛かってくるのです。1万円返済しているのに6千円程しか残高は減ってくれないのです。

ボーナスなどまとまったお金が入ったタイミングで、「増額返済」や「一括返済」で借入残高のリセットを掛けるのが賢い利用方法だと思います。そのことで、「現金が残らず直ぐにキャッシングが始まってしまう」で良いではないでしょうか。一括返済して完全リセットを掛けた後、翌月には新た5に万円のキャッシングが始まってしまったとしても、掛かる金利は5万円に対しての4百円ほどです。9千6百円程が残高から減らせるのです。

生活費を回す為にカードローンを長期間利用し続ける必要がある場合だからこそ、肝心なのは「借入残高を積み上げないこと」だと思うのです。